事業紹介 企業情報

継続的な成長を支える革新的な戦略で
最も価値のある研究開発型ライフサイエンス企業を目指します。

ラクオリア創薬は、最先端の科学技術を活用し、医療分野においてニーズの高い疾患領域での新たな医薬品を生み出すことを目指す、研究開発型の創薬企業です。独自のオープン・コラボレーションから革新的な新薬の種となる開発化合物を創り出し、製薬企業等へのライセンスアウトを通して、真に価値ある新たな治療薬を患者さんに届けます。

「顧客にとっての価値は、アカデミアや企業の開かれたコラボレーションネットワークから生み出される」とラクオリア創薬は確信しています。そして、多様な経験から得られる知識と私たち共通のマインドセット(意識)こそが、部門や会社、業界の壁を越えた横断的なコラボレーションネットワークの構築を可能にし、効果的かつ効率的な新薬の研究開発の原動力となります。

1

創薬力

2

ビジネスモデル

当社が創り出す新薬の開発化合物の知的財産権を製薬会社等に導出(使用許諾契約によりライセンスアウト)することにより収益が生まれます。また、探索段階からの共同研究も積極的に実施しています。初期探索段階から開発段階の各段階において当社が保有する研究開発ポートフォリオすべてを導出対象とすることで、リスクを低減させるとともに、収益の機会の最大化を図り、経営の安定化と企業価値の向上を目指しています。

3

知的財産戦略

当社のような研究を主体とするビジネスモデルでは、まさに「特許は商品そのものである」と言えます。当社での研究の成果を特許として出願して権利化することで、特許権を基にした様々な事業活動の展開が可能となります。

期待される効果
  • 迅速な特許出願
  • 堅実な権利取得
  • 顧客ニーズに合わせた知財の創出
  • 知的財産をベースにしたライセンス提案
  • 知的財産によるライフサイクル延長

グローバル市場競争の激化、新たな技術革新機会の拡大、世界的な知的財産権保護の強化といった市場環境において、事業戦略及び研究開発戦略に知的財産戦略を加えた「三位一体」の経営戦略が不可欠です。

当社は、商品そのものである特許(知的財産)のポートフォリオを充実させ、創薬活動を積極的に展開することで、人々の健康と幸せに貢献して参ります。

※経済産業省の知的財産管理指針にも謳われています。